視機能と整容の両立を目指して・・・

医療従事者のみならず、瞼に関して悩みを抱えている一般の方にも分かりやすい情報を少しずつではありますが、記して参ります。

村上正洋

プロフィール

村上正洋  Masahiro Murakami

1989年 日本医科大学卒業。医学博士。日本形成外科学会専門医。

日本医科大学付属病院形成外科・美容外科医局長、日本医科大学武蔵小杉病院形成外科教授を経て、現在、眼科にて眼形成外科診療に専念。顔面・眼瞼形成外科の研修のためのオーストラリアへの2回の留学経験を活かし、視機能と整容の両立を目指す新境地である眼形成外科を本邦に広める活動をライフワークとしながら、多数の眼瞼形成外科手術を行うトップランナーの一人

略歴
1989年 日本医科大学卒業 皮膚科学教室形成外科入局
1991年 日本医科大学付属第二病院 外科・消化器病センター・麻酔科研修
1993年 日本医科大学 形成外科 助手
1994年 オーストラリア ロイヤルアデレード病院 頭蓋顔面外科 留学
1996年 日本医科大学付属病院 高度救命救急センター助手
1997年 おもと会大浜第一病院 形成外科・皮膚科 医長
2000年 日本医科大学付属病院 形成外科・美容外科 医局長
2003年 日本医科大学 形成外科 講師
2005年 日本医科大学 形成外科 助教授
2005年 日本医科大学付属第二病院 形成外科 部長
2010年 日本医科大学武蔵小杉病院 形成外科 教授
2016年 オーストラリアロイヤルアデレード病院 眼形成外科 留学
2017年 日本医科大学 眼科 助教
2017年 日本医科大学武蔵小杉病院 眼形成外科担当
2018年 日本医科大学武蔵小杉病院 眼科 講師

 

所属学会 役職
日本眼窩疾患シンポジウム 理事(第33回会長)
日本眼科手術学会 理事
日本美容外科学会 評議員
日本熱傷学会 評議員
日本マイクロサージャリー学会 評議員
日本創傷外科学会 評議員
日本RF手術研究会 監事

資格
医学博士
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会教育専門医
日本美容医療協会美容レーザー適正認定医
日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医
日本熱傷学会専門医
日本創傷外科学会専門医
日本褥瘡学会認定師

眼形成外科とは

眼瞼(まぶた)、眼窩(眼球が入る器)、涙道(涙の鼻への通り道)など外眼部(目の周囲)の疾患を主に扱う診療科です。眼科と形成外科との境界領域ですが、その他、耳鼻咽喉科、内科(神経・内分泌)など多くの診療科と関連する病気も含まれ、専門的知識と技術を必要とする分野です。 医学全般に共通することですが、治療方針では機能の改善が整容面より優先されます。しかし、眼形成外科疾患の多くは外観と関連しておりますので、患者さまの生活の質(Quality of Life)の向上には、視機能の質(Quality of Vision)の向上のみならず、整容面への配慮(Quality of Look)も欠くことができません。 長年私は形成外科医として美容医療にも携わってきましたが、眼科医とともに視機能に配慮しながら診察および手術をすることで視機能と整容の両立を目指しております。

まぶたの疾患には生まれつきのものから加齢によるもの、内科的疾患が原因で生じるものなど様々です。

上まぶたでは、大きく分けて2つの代表的な病気があります。一つは眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)と呼ばれるもので、上まぶたが十分にあがらず目が細くなった状態を言います。もう一つは、皮膚弛緩症(ひふしかんしょう)と呼ばれるもので、余った皮膚がまつ毛を超えて瞳の方に垂れ下がった状態を言います。ともに視野が狭くなり、特に上方が見えにくいため、一生懸命まゆ毛をあげて物を見るようになり、それが頭痛や肩こりの原因になると言われています。

下まぶたでは、一般的に逆さまつ毛と呼ばれる、生まれつきの睫毛内反症(しょうもうないはんしょう)と加齢による眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)がよく見られます。ともにまつ毛が目に当たる事で目がゴロゴロしたり、充血したり、目やにが多く出たりします。治療法の基本は手術になりますが、大きな負担がかかるものではありません。全て健康保険が適用になります。

  

学会/講演会/市民講座

  • 2018年10月 第36回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 パネルディスカッション:眼瞼下垂症手術のunfavorable resultsー避けるための術前診察のポイント
  • 2018年10月 第5回アルコン学術講演会 教育講演:保険診療における眼瞼形成手術ー機能再建vs整容再建&眼科医vs形成外科医
  • 2018年9月 第33回日本眼窩疾患シンポジウム 特別講演:眼形成外科手術:特技からの脱却ー教育と標準化
  • 2018年7月 板橋区眼科医会学術講演会 教育講演:眼瞼形成手術ー独学で始めた形成外科医が眼科に移るまで
  • 2018年5月 公益社団法人日本美容医療協会社員総会・講習会 教育講演:独学眼瞼形成外科ー形成外科医が眼科に移るまで
  • 2018年3月 第8回北海道眼瞼涙道セミナー 教育講演:保険診療における眼瞼手術のエステティックマインドと元再建外科医のマインド
  • 2018年2月 第29回日本眼瞼義眼床手術学会 シンポジウム:眼形成術におけるunfavarable result 過矯正・低矯正の要因と対策 -至適な矯正とは-

第33回日本眼窩疾患シンポジウム 会長 上野精養軒にて

  • 2017年11月 第35回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 パネルディスカッション:眼瞼下垂症の機能再建 -形成外科医の知っておくべき視機能の変化を中心に
  • 2017年10月 第33回日本小児外科学会秋季シンポジウム ランチョンセミナー:日本で2番目のヘビーユーザーが語るRFナイフを用いた形成的手術
  • 2017年9月 第40回日本美容外科学会総会 パネルディスカッション:眼瞼下垂手術における上眼瞼形成術-保険診療における整容とは-
  • 2017年6月 第5回日本眼形成再建外科学会学術集会 シンポジウム:眼瞼下垂症手術のバリエーション 皮膚切除の方法・デザイン
  • 2017年3月 第4回川崎市北部皮膚懇話会 教育講演:傷のきれいな治し方~新鮮創傷からケロイドまで~
  • 2016年12月 日本医科大学武蔵小杉病院公開講座 市民公開講座:まぶたの加齢~若いころのように開けられますか~
  • 2016年8月 9thAPSOPRS&4thJSOPRSJOINT MEETING Panel discussion:sub-brow blepharoplasty
  • 2016年7月 日本美容医療協会市民公開講座 市民公開講座:まぶたの加齢~昔のように目を開けられますか?~
  • 2016年7月 第126回日本美容外科学会学術集会 シンポジウム:眼瞼下垂症手術-保険診療の立場から
  • 2016年4月 第59回日本形成外科学会総会学術集会 シンポジウム:眼瞼下垂症手術と機能 -眼科医とのコラボレーションの重要性について
  • 2015年2月 第13回おっしょい眼科手術の会 教育講演:やってみましょう!眉毛下皮膚切除術
  • 2014年10月 第12回JSCR学術集会 教育講演:形成外科医の独学下眼瞼内反症手術
  • 2013年11月 第67回日本臨床眼科学会 教育講演:形成外科から見た眼科医による外眼治療
  • 2013年11月 Pelleve CLUBセミナー 教育講演:上眼瞼における眉毛下皮膚切除術
  • 2012年12月 第17回千駄木眼科フォーラム 特別講演:眼形成-形成外科医として眼科と美容外科の狭間で考えること-
  • 2012年11月 第30回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会 パネルディスカッション:退行性下眼瞼内反症の治療-形成外科医にできること、形成外科医もすべきこと-
  • 2012年11月 第23回城東地区眼科医・コメディカルセミナー 教育講演:眼瞼の加齢性変化に対する手術治療-上眼瞼皮膚弛緩症と下眼瞼内反症を中心に-
  • 2012年5月 第6回美容形成外科を支える現代の名匠講演会 市民公開講座:あきらめないで!まぶたの老化
  • 2011年10月 第65回日本臨床眼科学会 教育講演:上眼瞼の退行性疾患に対する眼形成外科手術:眼科と形成外科の接点を求めて

 

論文(眼形成外科関連のみ)

2018Propeller flaps in eyelid reconstruction Eye 形成外科医の独学下眼瞼内反症手術 眼科手術(日本眼科手術学会誌) 保険診療における上眼瞼手術のエステティックマインド RF研究会ジャーナル 形成外科医の独学下眼瞼内反症手術 眼科手術(日本眼科手術学会誌)
2017 「独学のすゝめ?」 形成外科
2016 上眼瞼皮膚弛緩症に対する手術 眼科グラフィック 眼瞼手術における縫合法 PEPARS
2014 牽引筋腱膜縫着術と眼輪筋短縮術を併用した退行性下眼瞼内反症の長期結果と牽引筋腱膜縫着術単独手術症例との比較 日美外報 眉毛下皮膚切除術 眼科グラフィック
2013 眉毛下皮膚切除術 Radiosurgery研究ジャーナル
2012 眼瞼の形成外科手術における局所麻酔のコツ PEPARS
2011 牽引筋腱膜縫着術と眼輪筋短縮術を併用した下眼瞼内反症手術 PEPARS 退行性上眼瞼皮膚弛緩症に対する眉毛下皮膚切除法 PEPARS
2010 The effect of W-plasty on cheek rotation flap. Eplasty.
2009 Efficacy of “rugby-ball shape” skin grafting using external wire frame fixation without tarsorrhaphy for lower eyelid reconstruction. J Plast Reconstr Aesthet Surg.
2008 牽引筋腱膜縫着術を行った老人性下眼瞼内反症の長期結果 日美外報 Treatment of upper eyelid dermatochalasis by resection of excess skin at the inferior margin of the eyebrow. J Nippon Med Sch

著書(眼形成外科関連のみ

2016年
眼瞼皮膚弛緩:眉毛下皮膚切除、眼形成手術 眼瞼から涙器まで 医学書院
2014年
おさえておきたい眼瞼手術の基本・準備ポイント-形成外科医の視点から-.超アトラス眼瞼手術-眼科・形成外科の考えるポイント-全日本病院出版会
上眼瞼の睫毛内反症に対する埋没縫合法. 超アトラス眼瞼手術-眼科・形成外科の考えるポイント- 全日本病院出版会
牽引筋腱縫着術と眼輪筋短縮術を併用した下眼瞼内反症手術.超アトラス眼瞼手術-眼科・形成外科の考えるポイント-.全日本病院出版会
上眼瞼下垂症とは.超アトラス眼瞼手術-眼科・形成外科の考えるポイント-.全日本病院出版会
上眼瞼皮膚弛緩症とは.超アトラス眼瞼手術-眼科・形成外科の考えるポイント-.全日本病院出版会
眉毛下皮膚切除術. 超アトラス眼瞼手術-眼科・形成外科の考えるポイント-.全日本病院出版会
下眼瞼外反症とは. 超アトラス眼瞼手術-眼科・形成外科の考えるポイント-.全日本病院出版会
2013年
眉毛下皮膚切除術.眼手術学 文光堂
2012年
上眼瞼皮膚弛緩症 メジカルビュー社
眉毛下皮膚切除 メジカルビュー社
2011年
年々まぶたが重くなる アトラス形成外科手術手技 中外医学社
2010年
Tips for skin grafting. Color atlas of burn reconstructive surgery Springer

企画編集した書籍

2014年10月 全日本病院出版会  超アトラス眼瞼手術 -眼科・形成外科の考えるポイント 村上正洋・鹿嶋友敬/編

 
『形成外科総会』で『売上第1位』

AAA
2011年3月 全日本病院出版会 眼瞼の退行性疾患に対する眼形成外科手術 村上正洋・矢部比呂夫/編

手術支援

~手術支援~

  • 手術見学~各医療機関(下記)にて、随時受けております。
  • 手術指導~ご希望の医療機関に伺い、助手として手術に参加しながら必要なアドバイスをさせていただきます。
  • 手術依頼~ご希望の医療機関に伺い、執刀医として手術を担当します。同時に助手や見学の先生方にアドバイスをさせていただきます。


やまもと形成外科クリニック 山本光宏院長先生と


かきのき眼科  柿木一邦院長先生と

手術支援の目的と必要性について
私は指導者がいない環境で約20年間、教科書や文献を参考にしながら眼瞼形成手術を学んできました。独学には利点もありますが、個人の特技を形成していく行為でもあり、眼形成外科全体の発展には有益性が低いと言わざるを得ません。そのため、私がそうであるように、多くの医療機関では担当医師が個人の特技として眼瞼形成手術を行っており、知識と技術を後進に伝えることなく、その医師が退職するとその医療機関では眼瞼形成手術ができなくなるという話も聞きます。

私は眼瞼再建手術が個人の有する特技から脱却するために、教育と標準化を眼科と形成外科が協力しながら行っていく時期に来ていると考えます。それには、指導体制の整った施設を学会が中心となり認定し、教育の裾野を広げる必要があります。しかし、その体制が整うのはまだまだ先の話と思われます。

一方で、眼瞼の手術では視機能と整容の両立が必要です。見やすくなりさえすれば満足と考える患者さんは多くはないはずです。保険診療でも綺麗になりたいと思うことは自然であり、少なくとも術前より不自然になったならば、患者さんのQOLは低下するはずです。つまり、眼科医のもつ知識と形成外科医が持つ手技との融合が必要なのです。形成外科と眼科を経験してきました私は、両科の協力体制が多くの医療機関にでき、眼形成外科を専門とする医師が増え、その先には欧米同様に本邦でも眼形成外科が認知され独立診療科に向けて発展していくことが患者さまの為になると信じています。

私の手術がどのレベルにあるのか私自身には計り知ることができませんが、後進の教育の場を少しで提供できればと思い、私の知識と技術・経験を惜しむことなくお伝えしたいと考えておりますので、お気軽にご連絡ください。

ご希望の方は masa2@nms.ac.jp までお気軽にご連絡ください。

主な対象疾患

眼瞼疾患 
眼瞼下垂、皮膚弛緩、眼瞼内反・外反、睫毛内反、顔面神経麻痺、兎眼など

眼瞼の腫瘍
母斑、黄色腫などの良性腫瘍、基底細胞癌、有棘細胞癌などの悪性腫瘍など

美容外科
重瞼術(埋没法、切開法)、除皺術など
その他
眼瞼外傷、瘢痕拘縮など

手術支援実績

●診療病院・診療クリニック

日本医科大学武蔵小杉病院


診療案内 火曜日8:30~11:30 土曜日8:30~10:00
MAP

医療法人石誠会
スキンケア上野クリニック


診療案内:水曜日 13:00~19:00
お電話  予約フォーム  
MAP
東京メトロ上野駅 2番出口 徒歩15秒 

保険診療(眼瞼下垂症等)の他、自費診療にて美容目的(しみ しわ にきび等 )のレーザー治療をはじめ、重瞼術(埋没法、切開法)、除皺術等の手術を行っております。

医療法人球医会
深川眼科・形成外科

木曜日9:30~12:15 土曜日14:30~17:00
東京メトロ門前仲町駅 徒歩2分 MAP
医療法人球医会
船堀眼科・形成外科

金曜日16:00~18:30 
都営新宿線船堀駅 徒歩2分 MAP