眼形成外科とは

眼瞼(まぶた)、眼窩(眼球が入る器)、涙道(涙の鼻への通り道)など外眼部(目の周囲)の疾患を主に扱う診療科です。眼科と形成外科との境界領域ですが、その他、耳鼻咽喉科、内科(神経・内分泌)など多くの診療科と関連する病気も含まれ、専門的知識と技術を必要とする分野です。 医学全般に共通することですが、治療方針では機能の改善が整容面より優先されます。しかし、眼形成外科疾患の多くは外観と関連しておりますので、患者さまの生活の質(Quality of Life)の向上には、視機能の質(Quality of Vision)の向上のみならず、整容面への配慮(Quality of Look)も欠くことができません。 長年私は形成外科医として美容医療にも携わってきましたが、眼科医とともに視機能に配慮しながら診察および手術をすることで視機能と整容の両立を目指しております。

まぶたの疾患には生まれつきのものから加齢によるもの、内科的疾患が原因で生じるものなど様々です。

上まぶたでは、大きく分けて2つの代表的な病気があります。一つは眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)と呼ばれるもので、上まぶたが十分にあがらず目が細くなった状態を言います。もう一つは、皮膚弛緩症(ひふしかんしょう)と呼ばれるもので、余った皮膚がまつ毛を超えて瞳の方に垂れ下がった状態を言います。ともに視野が狭くなり、特に上方が見えにくいため、一生懸命まゆ毛をあげて物を見るようになり、それが頭痛や肩こりの原因になると言われています。

下まぶたでは、一般的に逆さまつ毛と呼ばれる、生まれつきの睫毛内反症(しょうもうないはんしょう)と加齢による眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)がよく見られます。ともにまつ毛が目に当たる事で目がゴロゴロしたり、充血したり、目やにが多く出たりします。治療法の基本は手術になりますが、大きな負担がかかるものではありません。全て健康保険が適用になります。

  
手術実績はコチラから